全国旅行支援が完売!今後はもう使えないの?

旅行需要喚起策である「全国旅行支援制度」が46都道府県で開始された。
しかし、一部の自治体では対象外となり、旅行会社が1日で完売するなどの混乱もあった。
この補助を使った予約は難しくなったのだろうか。
政府は割引に必要な予算を追加し、都道府県に割り当ての見直しを要請したが、専門家によると、よく行く予定の観光地の自治体や旅行サイトをチェックすれば、まだチャンスはあるという。
国民旅行支援事業では、都道府県が旅行代金を4割引きにし、支援額は1人1泊あたり1万1000円を上限とする。
国は全国旅行支援制度の実施時期を12月下旬としており、多くの自治体がこの時期に合わせ、12月20日までの宿泊を対象とすることを決定した。
群馬県は当初、10月末までの実施と発表していたが、予算不足のため。
同県観光魅力創造課によると、国から配分された旅行支援予算のほとんどが県の割引に使われ、約20億円が残った状態だという。
12月まで続けるには予算が足りないため、政府は1カ月分の旅行を対象にすることにした。
県の担当者は「県民割引の利用者は予想以上に多かった。
県庁の担当者は「予算が足りなくなることは事前に分かっていた。
6、7月頃から観光庁に追加予算をお願いしていた。
観光庁は「追加予算の獲得に時間がかかったが、やることにした」と話し、群馬県は12月13日に12月20日までの延長を発表した。
すでに一部の旅行会社や大手宿泊予約サイトでは販売を中止している地域もある。
県予算の余剰金を充当するなど、予算が限られることは開始前から予想されていた。
官房長官はすでに予算の上乗せを示唆しており、2023年以降も継続する可能性が高いので、いずれ状況は改善されると思われるが、国民旅行支援についてはネガティブな話も少なくない。
また、実際に使える店舗が限られているため、旅行者は高価とはいえ限られたご当地クーポンを消費せざるを得ないという話もある。
感染状況によって状況が急変したかどうかは別として、夏以降は感染状況も落ち着いてきており、もっと早く政府が地域や企業に具体的な内容を示していれば、こうした問題の一部は解決していたはずだ。
Go To Travelでも、「こうすればよかった」という声を多く見かけました。
すでに起きてしまったことはどうしようもないが、少なくとも今後このような混乱が起きないように願いたい。
今日は以上です。