「プーチンの犬」メドベージェフ前大統領の転落が止まらない!?

絶対的なパトロンであるプーチンの健康不安による焦りから、「ポスト・プーチン・ロシア」を見越して、強硬派へのアピールや反ユダヤ発言など過激な行動に出ている。政治的生き残りをかけた元大統領の残酷さ>。
ロシアの若き大統領がシリコンバレーを訪れる。2010年、44歳のドミトリー・メドベージェフがシリコンバレーを訪れるという、想像を絶する事態が起こった。
ドミトリー・メドヴェージェフ大統領(44歳)は、ロシアが資源依存型経済から脱却するためのアイデア(と投資)を求めて、グーグルやアップルといった大手テクノロジー企業を訪問したのである。Twitterの共同創業者であるビズ・ストーンは、”Twitterの歴史上、最も特別な日の一つ “と呼んだ。
メドベージェフ自身もツイッターデビューを果たした。「みなさん、こんにちは。私もツイッターを始めました。これは私の6つの最初のメッセージです」とロシア語でつぶやいた(タイプミスあり)。
あれから12年。最近のメドベージェフのSNS投稿は、欧米の高官を口汚く批判し、米国を攻撃する、ウクライナを地図上から消し去る、といった好戦的な表現が目立っている。
ウクライナ侵攻による混乱がロシアの日常生活に現れ始め、プーチン大統領の健康状態が悪化し始めると、メドベージェフは防衛策を強化しているように見える。
ロシアのエリートの間で不安が広がっている」とメドベージェフは語った。王立サービス研究所(RUSI)の上級研究員、マーク・ガレオッティ氏は、「プーチンに守られてきたエリートも例外ではない」と語る。次に何が起こるかを心配して目立たないように隠れるエリートもいれば、声を張り上げて強引に行動するエリートもいる”。
昨年10月、メドベージェフはロシアの日刊紙「コメルサント」に反ユダヤ的な論説を寄せた。ロシアがウクライナ国境に軍を集める直前のことで、ユダヤ人であるウロディミール・ゼレンスキー大統領をナチスと非難するなど、支離滅裂な陰謀論と罵詈雑言に満ちた記事であった。
かつては温厚だったメドベージェフが、厄介な隣人からヨーロッパへの存亡の危機へとロシアが変貌したのと時を同じくしている。
突然、彼はウクライナを激しく批判するようになった。
2月のウクライナ侵攻以来、ロシア政治は極めて民族主義的な色彩を帯び、異論を認めない風潮が強まっている。メドベージェフの過激な主張は、強硬派の目を盗んで行われたものと思われる。
ロシアのコンサルティング会社R-Politikの代表であるタチアナ・スタノバヤは、「これはロシア政治に起きている最も興味深い変化の一つだ」と言う。ロシアは変わったのです。メドベージェフは、自分が新しいロシアの一部であることを示す必要性に駆られているのです」。